【必見】半端なくお得!今日から使えるd払いのすごい活用法!

スポンサーリンク
お金

どーも!ご覧頂きありがとうございます!

「はじめてこのブログに来たよー」って方は、せっかくなのでぜひTwitterもフォローして頂ければ幸いです。

今回は、ドコモが手掛ける決済サービスである”d払い”について、ご案内します。

スポンサーリンク

d払いとは

d払いとは、ドコモが手がける決済サービスです。

d払い - dポイントがたまる!かんたん、便利なスマホ決済
d払いは、街のお店やネットショッピングでのお支払いを月々のケータイ料金と合算して支払える、かんたん・便利・おトクなスマホ決済サービスです。かんたん サクッとすぐに始められ、街のお店でのお買物時にバーコードでかんたんに決済ができます。d払い限定のおトクなdポイントプレゼントキャンペーンも実施中!

なお、ちょっと紛らわしいことに、ドコモ払いというサービスも存在します。

このドコモ払いは、ドコモでケータイを契約している人しか使えないサービスで、d払いとは別物なので、ご注意ください。

ここで大事なことは、ドコモを表す”d”を冠したサービスながら、au/KDDIやソフトバンク、そして私のような格安SIMユーザーでも、d払いを利用できるということです。

なおこの記事も、私にようにドコモでケータイを契約していないユーザーを前提として書いています。

(ドコモユーザーはネットワーク暗証番号で決済ができるなど、ちょっとだけ便利な仕組みが用意されています)

d払いの仕組み

d払いはいたってシンプルな決済システムで、ベースはほぼクレジットカードです。

ネットショップではアカウント認証によって、店頭ではアプリからバーコードを提示することで、d払いを通じて、紐づけられたクレジットカードから即時決済される仕組みとなっています。

なお、サービス開始当初はクレジットカードだけの決済でしたが、2020年現在は銀行口座やセブン銀行ATM、コンビニからチャージができるようにもなっています。

d払いのお得ポイントその1・いつでもポイント二重取り!お店によってはポイント最大五重取りが可能!

d払いでは通常、0.5%の還元率でdポイントが付与されます。

さらに、紐づけたクレジットカードの決済分もポイントが付与されるので、いつでもポイントの二重取りができます!

たとえば楽天カードの場合、楽天カードのポイント1%+d払い0.5%=1.5%の還元となる計算です。

でもこれはまだ序の口(笑)

お店によっては、様々な種類のポイント合算で、なんとポイント五重取りが可能になります。

私がよくいくマツキヨは、ショッピングモールの中に入っています。

そこでd払いを利用すると…

  1. マツキヨアプリ呈示でマツキヨポイント付与
  2. dポイントカードの呈示でdポイント付与(d払いのアプリの中にくみこまれています)
  3. ショッピングモールのカード提示でショッピングモールのポイント付与
  4. d払いの利用でdポイント付与
  5. d払いの利用でd払いに紐付けられたクレジットカードのポイント付与

ショッピングモールに入っていないマツキヨでも、最大四重取りが可能ですので、これは使わない手はないですね。

d払いのお得ポイントその2・キャンペーンがすごい

巷ではLINEペイやペイペイのキャンペーンが話題ですが、d払いだって負けてません。

なんせ、天下のNTTドコモです。資金力なら他社を凌駕しています(笑)

その豊富な資金力を武器に、いろんなキャンペーンを展開しているのです。

最新のキャンペーン一覧は、以下のリンクよりご確認ください。

いつでもどこでもd払い|d払い - かんたん、便利なスマホ決済
限定キャンペーンを利用して、d払い / ドコモ払いをもっとお得にご利用になれます!dポイントがお得にゲットできる限定キャンペーンをお見逃しなく。

なおd払いのキャンペーンの特徴として、エントリー制を敷いていることが多いので、エントリーを忘れないよう、気をつけて下さいね。

さらに、土曜日とd曜日というダジャレで週末はポイント還元率が高くなるなど、魅力的なキャンペーンも矢継ぎ早に打ち出しています。

d払いの使い方

d払いの利用にあたっては、まず以下の準備が必要となります。

1.クレジットカードの用意

d払いを利用するには、JCB・VISA・マスター・アメリカン・エキスプレスのいずれかのクレジットカードが必要です。

なお、 本人認証サービス(3Dセキュア)の設定されたカードであることが条件になるので、事前に設定しておきましょう。

3.d払いアプリのダウンロード

Google Playもしくはitunesで、d払いアプリをダウンロードします。

d払い-スマホ決済、チャージ不要!バーコードでお支払い
d払い-スマホ決済、チャージ不要!バーコードでお支払い
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ
4.仕上げ

ダウンロードしたd払いのアプリを立ち上げ、事前に準備したdアカウントでログインし、クレジットカードの登録を行えば、準備完了です。

あとは、ネットショップであれば支払い方法でd払いを選択するだけ。

街ナカのお店なら定員さんに「d払いで」と伝えて、d払いのアプリからバーコードをスキャンしてもらえれば決済完了です。

d払いに設定するクレジットカードは、dカードが断然おすすめ

以前はどこの会社のクレジットカードでもキャンペーン対象になることが多かったです。

しかし2020年現在、「キャンペーン対象はdカードもしくはdカード GOLD(=ドコモが発行するクレジットカード)のいずれか」というケースがほとんどという状況となっています。

dカードは年会費が永年無料(=ずっとタダ!)ですので、まだ持ってない方はこの機会にぜひ発行して、d払いの支払いにdカードを紐付けておくことをお勧めします!

※2020年3月追記:
dカードの解説記事を書きましたので、ぜひ併せてご覧ください。

d払いが使えるお店・サービス


Photo by Mike Petrucci on Unsplash

街ナカのお店では、以下のようなお店で利用が可能です。

  • ローソンやファミリーマートなどのコンビニ
  • マツモトキヨシやウエルシアなどのドラッグストア
  • ビックカメラやコジマなどの家電量販店
  • ユナイテッドアローズやアースミュージックアンドエコロジーなどのアパレルショップ

一方ウェブサービスでは、ヤフーショッピングやノジマオンライン、ドミノピザやドクターシーラボなど、利用できるサービスが続々と拡大しています。

なお、メルカリでも利用なんですが手数料がかかるので、他の決済手段と比較してみてたほうがいいですね。

まとめ:d払いはキャンペーンも多いので、ぜひ利用してみましょう

今回の記事が、d払いの魅力を知るキッカケになってくれれば幸いです。

ただし、キャンペーンだからといって、不要なものまで買ってしまい、現金が余計に出ていってしまっては本末転倒です。

そもそもコンビニで150円のドリンクを買って、20%にあたる30円分が還元されても、もとからスーパーで98円で買ったほうが安上がり且つ経済的ですからね。

一方で、日常的に購入するものの決済方法を変えるだけで、お得なキャンペーンになっているのであれば、活用しない手はありません。

最初の登録さえ済ませてしまえば、かなり便利な決済方法なので、ぜひあなたの決済方法の選択肢の一つに、d払いを検討してみてくださいね。

d払いの利用でもらったdポイントは、日興フロッギーというサービスを通じて投資に使うことができます。

dポイントを使った投資については、ぜひこちらの記事をご覧ください。

記事を更新していく励みになるため、ぜひ応援のクリックを頂ければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました