マツモトキヨシでのお買い物には、 dカード・d払いが1番オトクなワケ

ポイント・マイル

どーも!ご覧頂きありがとうございます!

「はじめてこのブログに来たよー」って方は、せっかくなのでぜひTwitterもフォローして頂ければ幸いです。

今日は有名ドラッグストアの代表格であるマツモトキヨシでお買い物をする際に、ぜひ実践して頂きたい、ドコモが発行するdポイントをがっつり稼ぐ方法について、ご紹介させて頂きます。

マツモトキヨシとドコモは業務提携をしている

まずそもそも、なぜマツモトキヨシとドコモの相性がいいのか、説明します。

2017年にマツモトキヨシとドコモは業務提携をしています。

両社の保有しているデータや資産を活用することで、マツキヨとしては効率的にマーケティング活動が行えて売上を増やすことができます。

そしてドコモとしては、dポイントやdカード、d払いといったポイント・決済サービスの利用者を増やすことができるのです。

だからこそマツキヨでのお買い物には、ドコモが提供する決済サービス(dカード・dは払い)が相性バッチリなのです。

マツモトキヨシでのお買い物の方法は全部で4つ

色んなところで見かけるマツモトキヨシ、通称マツキヨですが、細かく分けると4つの購入方法があります。

  1. マツキヨの店頭で購入
  2. オンラインストアで購入し、自宅など指定の場所に配達
  3. オンラインストアで購入し、お店で受取
  4. お店で一旦取り置きし、お店で購入

それでは、少し細かく見ていきましょう。

マツキヨの店頭で購入

これは一番スタンダードな買い方ですね。説明不要なので、とばします。

オンラインストアで購入(=決済)し、自宅など指定の場所に配達

マツモトキヨシ 公式サイトより

次がいわゆるネットショッピングです。

ただ、お薬のネットショッピングはちょっと事情が複雑で、あくまで「現実に存在する店舗がネットでの販売にも対応している」、というかたちを取らなければなりません。

ウェブだけにしか存在しないお店、というのは許されないんですね。

マツモトキヨシの場合も例にもれず、オンラインストアは 吉川旭店・堺南島店という扱いになっています。

自宅に届くのは便利なのですが、1,980円未満のお買い物だと、送料が発生します。。。

  • 本州→550円
  • 北海道→770円
  • 沖縄→1,100円

2,000円弱のお買い物に対して、本州でも25%ほどの送料がかかる、沖縄なら50%ほどの送料、これはちょっと辛いですね。

ただ、税込み1,980円以上のお買い物で送料が無料になるのであれば、店頭ではちょっと買いづらいような商品や、オムツやお水のような、かさばったり重かったりする商品は自宅配送が便利ですね。

オンラインストアで購入(=決済)し、お店で受取

マツモトキヨシ 公式サイトより

送料の問題でいえば、お店で受け取ることで解決できます。

お店受け取りにすれば、1点から送料無料です。

ただ、もし急ぎで必要なものを買うときに、オンラインでの購入でネックになるのが自宅やお店に届くまでの時間です。

それを解決してくれるのが、次にご紹介する”取り置き”です。

お店で一旦取り置きし、お店で購入

マツモトキヨシ 公式サイトより

お店に在庫がある商品であれば、お取り置きができます。

詳しい取り置きの手順は、 マツキヨ公式のこちらを御覧ください。

受け取りが可能になるのは、注文から数時間後です。

たとえば会社の通勤時間にスマホから取り置きを依頼しておけば、退社前には準備が完了するので、あとはお店に受け取り&決済をするだけです。

決済自体はマツキヨのお店で行うことになります。

なので、マツキヨが対応しているキャッシュレス決済であれば利用できますし、マツキヨのクーポンも利用可能です。

ちなみに私の場合は、

・マツキヨアプリを提示してマツキヨのポイントをGET
・dカードを提示してdポイントをGET
・d払いにしてdポイントをGET
・d払いに設定したdカードのポイントをGET

と、ポイントの4重取りを欠かさずやっています。

d払いについて詳しく知りたい方は、以下の記事も併せて御覧ください。

ネットショッピングと違って、あくまでお店に在庫があるものが対象になりますが、商品が到着するまでの時間を省略できるのは大きなメリットです。

マツモトキヨシでのお買い物には、d払いかdカードがベスト!

マツモトキヨシでのお買い物には、ドコモが発行するクレジットカードであるdカード、もしくはドコモが提供するQRコード決済であるd払いが最もお得です。

お店で支払う場合とマツモトキヨシオンラインで決済を行う場合によって、またキャンペーンの有無によって還元率が変わってきます。

マツモトキヨシの店頭でお買い物を行う場合は、”基本的には”dカード決済が1番オトク

店頭で購入、または取り置きしていたものを店頭で決済する場合から見ていきましょう。

dカードで支払うと、還元率は5%となります。

イメージ画像

内訳としては、dポイントカードの提示で1%、dカード決済で3%(基本還元率1%+特約店 上乗せ分の2%)、そしてマツキヨポイント1%です。

dポイントカードはアプリがあるので、スマホにインストール・登録しておきましょう。

dポイントクラブ
dポイントクラブ
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ

マツキヨポイントカードも、アプリで登録しておくのが便利です。

マツモトキヨシ公式
マツモトキヨシ公式
開発元:株式会社マツモトキヨシホールディングス
無料
posted withアプリーチ

そしてdカードは年会費永年無料なので、もし「まだ持っていない」という方は、発行しておきましょう。

マツキヨでの買い物専用として使ってもいいくらい、dカードとマツキヨの相性は抜群です。

dカードについての詳細は、こちらの記事をご覧ください。

マツキヨ店頭での購入の場合、キャンペーンが実施中ならd払いでの支払いのほうがお得になる場合も

続いて店頭でd払いを利用した場合の還元率は、d払いの紐付けをdカードにしておくと、通常時は3.5%となります。

内訳としては、dカードの提示で1%、dカードの基本還元率で1%、d払いの基本還元率で0.5%、マツキヨポイント1%です。

dカードで払えば4%還元なので、通常はd払いよりもdカードを選択したほうが還元率が高いですね。

ですが、d払いは稀にドラッグストア向けに大規模なキャンペーンなどが展開されるため、その際にはdカードで払うよりも、d払いで払ったほうが還元率が高くなることがあります。

d払いのキャンペーンは、基本的にエントリーが必須であることが多いです。

マツキヨに行く前には、ぜひ一度d払いの公式サイトを見に行って、お得なキャンペーンがやっていないかチェックしてみてください。

また、d払いのキャンペーンのほとんどが、基本的にdカードを紐付けた場合のみキャンペーンの対象となります。

上でご紹介したドラッグストア・スーパーでのキャンペーンも、dカード以外のクレジットカードは還元対象外となっています。

d払いを使うなら、まずはdカードを発行して、紐付け作業を行っておきましょう。

dカードは年会費永年無料なので、もし発行後利用機会が少なかったとしても、年会費がかかることはありません!

ぜひ一家に一枚、dカードを持っておくことをオススメします!

d払いがお手元に届いたら、d払いのアプリをインストールしたうえで、との紐付けをお忘れなく!

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い
d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ

マツモトキヨシオンラインでの購入なら、d払い一択!ただし必ずdカードを紐付けておくこと!

マツモトキヨシオンラインでの購入なら、d払いを一択です。

ただし、必ずdカードを紐付けた状態でd払いを使ってくださいね。

還元率は、5%となります。

内訳はd払いで1%、dカード紐付け効果で3%(基本還元率1%+特約店上乗せ2%)、そしてマツキヨポイント1%です。

まとめ:マツモトキヨシでのお買い物が多い方は、ぜひdカードでお買い物を!

・マツモトキヨシの店頭で買うなら、基本的にはdカードが最も還元率が高い(還元率4%)

・ただし、d払いのキャンペーンがやっている場合は、d払いの方がオトクな場合もある

マツモトキヨシオンラインでの買い物なら、d払いを選ぼう!
 ※ただし、紐付けるクレジットカードはdカードにしておくこと

・dカードはマツキヨとの相性抜群。一家に一枚もっておきましょう!

実際のマツキヨのお店で買う場合でも、ちょっとかさばるものや重いものを買うときにマツキヨオンラインストアを利用する場合でも、dカードやd払いをうまく活用することで、ポイントをお得にためることができます。

4% とはいえ、10,000円なら400ポイント、100,000円なら4,000ポイントと、かなり大きなインパクトが出てきます。

ぜひdカード・d払いをうまく活用して、マツモトキヨシでのお買い物をお得に楽しんでください!

今回もお読み頂き、ありがとうございました!

ちなみにd払いの利用でもらったdポイントは、日興フロッギーというサービスを通じて投資に使うことができます。

dポイントを使った投資については、ぜひこちらの記事をご覧ください。

記事を更新していく励みになるため、ぜひ応援のクリックを頂ければ幸いです。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました