dエンジョイパスで得する人、損する人

お出かけ

d払いをよく使うようになった結果、dポイントがちょくちょく貯まるようになってきました。パパパです。

さて今日は、ドコモが提供する優待サービスであるdエンジョイパスについて、ご紹介します。

dエンジョイパスとは

dエンジョイパスは、ドコモが提供する優待サービスです。

ドコモが展開する他サービス(d払いやdトラベルなど)同様に、私のように格安SIMを使っていて、ドコモと回線契約していないユーザーでなくても、dアカウントさえもっていれば利用することができます。

グルメや映画、コンサートに温泉・ホテルなど、様々なお出かけスポットが、会員限定価格で楽しめるようになっています。

dエンジョイパスの料金

dエンジョイパスの利用料金は、月額500円(税抜)となっています。

いまなら初回31日間は無料で利用できます。

dエンジョイ・パスは、ベネフィット・ステーションのサービスとほぼ一緒

実はdエンジョイパスは、福利厚生サービスを提供するベネフィット・ワンがドコモと協業して手がけているサービスです。

『dエンジョイパス』は、ベネフィット・ワンが運営する福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」のサービスメニューの中から、主に 55 歳以上を対象にした優待プランを厳選し、オリジナルプランを追加した会員制優待サービスです。利用者は、月額 500 円(税別)で「レジャー」「スポーツ」「グルメ」など、生活全般に関わる 10 カテゴリー計 5 万件以上の多彩な優待プランを利用することができます。

ベネフィット・ワン プレスリリースより

私は会社の福利厚生として、ベネフィット・ステーションが利用可能なので、映画を見に行くときには必ず、ベネフィット・ステーションの割引鑑賞券をよく利用しています。

IMAXとか3Dとか、オプション料金でいろいろ加算されるので、ベースになるチケット代を割引で買えるのは、かなり嬉しいサービスです。

なお、細かいところでdエンジョイとベネフィット・ステーションには違いがあります。

たとえばTOHOシネマズの割引鑑賞券だと、ベネフィット・ステーションだと1枚あたり1,300円、dエンジョイパスだと1枚あたり1,500円といった具合です。

dエンジョイパスのサービスご紹介

さてここからは、実際にどういったお得な優待が受けられるのか、具体例とともにご紹介していきます。

映画の割引

TOHOシネマズにイオンシネマ、ユナイテッドシネマにシネプレックス、T・ジョイに109シネマズなど、様々なシネコンで割引サービスを受けることができます。

行楽施設の入場料割引

たとえば以下のようなサービスが受けられます。

ムーミンバレーパーク:入場料の10%分のdポイントプレゼント

サンシャイン水族館:入場料2,200円→1,740円

東京ジョイポリス:4,500円→3,300円

グルメがお得に楽しめる

ホテルのビュッフェが割引で楽しめるのも、dエンジョイパスの魅力です。

ほんの一例ですが、以下のようなサービスが用意されています。

ホテルニューオータニ東京:【平日ランチ】グランシェフビュッフェ5,702円⇒4,000円

新横浜プリンスホテル:ブッフェダイニングケッヘル【平日ランチ】 120分飲み放題付き 5,900円⇒3,425円

dエンジョイパスで損する人

私のように会社がベネフィット・ステーションに加入している人は、追加でdエンジョイパスに加入する必要はありません。

同じサービスを受けるのに、追加で毎月500円を払う必要はないですからね。

dエンジョイパスで得する人

会社の福利厚生でベネフィット・ステーションおよび類似サービスへの加入がない、という方は”得する人”になる可能性があります。

31日間 無料でお試しができるので、まずは加入してみて、利用頻度が高ければ継続する、という利用の仕方がいいでしょう。

今回のまとめ

今回はdエンジョイパスのサービス概要と、入ることで得する人、損する人(=入らなくていい人)について、まとめてみました。

あなたの「ちょっとお得な生活」に、この記事が貢献できたら嬉しい限りです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

追伸:ぜひ激励のクリックをお願いすぃまーす!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました