エヌビディア(NVDA)株をがっちり保持していたら、泣きたくなるような大幅下落を乗り越え、含み益が戻ってきた話

スポンサーリンク
投資

わざわざこのブログにお時間を割いて頂き、恐悦至極である。

「はじめてこのブログに来た!」という方は、せっかくなのでぜひTwitterもフォローして頂けるとありがたい!それはもう、泣いて喜ぶくらいありがたい!

さて今回は、一時期えげつない含み益を抱えながらも、今では私のポートフォリオの中でも優等生に育ってくれたエヌビディアについてのご紹介だ!

スポンサーリンク

エヌビディアとはどんな会社なのか?

パソコンなどを立ち上げたときに、エヌビディアのロゴを見かけたことがあるかたも多いのではないだろうか?

エヌビディアは、すごくざっくり言うと「とんでもない速度で画像処理を行うGPUを作ってる会社」。

ゲームはもちろん、現在はAIや自動運転などにも、その技術の応用が始まっている。

「おいおい…投資している会社のこと、そんなざっくりとしか説明できねぇのかよwww」

ってツッコミが入りそうだが…

そこは「気になった銘柄をつまみ食いする雰囲気投資家」であるゆえ、どうか許してほしい!

本当は決算書とかちゃんと読みこんだほうがいいとは思うが、「伸びそうだから、応援したいから買った」

投資って、それくらい気軽で、身近であるべきだと思うのが私の意見だ。

私がエヌビディア(NVDA)の株を購入したワケと購入価格

私が購入した理由は「自動運転の時代が来たとき、間違いなくもてはやされる銘柄になるだろうと思った」、その1点に尽きる。

完全な自動運転(=レベル5)が実現するのはまだまだ先になるだろうが、自動運転のレベルが上っていけばいくほど、これまで人がやっていたことをコンピュータに任せることになっていく。

そうなれば、エヌビディアのプロダクトがどんどん車に載っかっていくことになるだろう…と見越してエヌビディアの株を買った。

私が買った2018年当時、エヌビディアの株価は249ドルで、8株を買い付けであった。

直近の決算はどうだったか?

本記事執筆時点での最新の決算は、以下のリンクを御覧頂きたい。

コロナの影響でテレワークなどが激増した結果、データセンターでの需要などが上昇し、良好な決算となっている。

NVIDIA
https://japan.zdnet.com/article/35154202/

あくまでゲームやデータセンターなどでの売上が大半で、自動車関連の売上はまだまだほんの一部であることが見て取れる。

「自動車分野は伸びしろですねぇ!」と、あの本田圭佑ばりに言いたくなるのは私だけだろうか?

昨年のQ1と比較すると、自動車分野以外ではすべて伸びているのは、とても心強い。

エヌビディアの配当金と配当性向はどうか?

グロース株であるエヌビディアだが、実は嬉しいことに配当を出している。

Dividend.comより

とはいえ、直近での株価が堅調に推移しているため、利回りは0.18%とかなり低く、年間での1株あたりの配当金も$0.64と少額だ。

しかしというべきか、だからというべきか、配当性向は11.05%と低く抑えられている。

まだまだ進化していく分野の産業だ。

配当よりも研究開発に投資することで、株価を上げる余地が大いにあるのだから、配当利回りが低いことは何も悲観することではない。

次ページでは、含み損から含み益への復活劇について触れる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました