2019年9月の配当受け取り実績

お金

さて今回は、2019年9月の銘柄別の配当受け取り状況を公開です!

株価は米中のケンカの影響を受けて、上がっては下がりを繰り返してますが(苦笑)、ありがたいことに配当収入は安定して受け取ることが出来ています。

確実性という意味で、インカムゲインの有り難さを より一層感じる一年になっています。

2019年9月に受け取った米国株の配当一覧

私は、特定口座とNISA口座で、米国株・ETFを買い付けています。

2019年の買付け方針は、以前にこちらの記事でまとめました。

NISAのメリットである非課税を享受するため、年後半の7月からNISA枠での購入はVYMのみに絞ることにしました。

さて、それでは9月までの月別実績と、9月の詳細実績です。
※受渡金額は税引き後の金額となっています。

受渡月・銘柄銘柄数量単価受渡金額
1月31.06 US$
2月28.88 US$
3月31.52 US$
4月79.87 US$
5月56.98 US$
6月129.84 US$

21,437 円
7月78.68 US$
8月40.88 US$
9月V190.250 US$3.88 US$
HP50.710 US$3.19 US$
BND240.188 US$3.26 US$
JNJ30.950 US$2.56 US$
MMM21.440 US$2.59 US$
UL80.458 US$3.67 US$
DUK100.945 US$8.50 US$
MCD131.160 US$10.83 US$
VBK400.700 US$1.37 US$
VTI90.211 US$25.20 US$
NVDA80.160 US$0.94 US$
9月合計65.99 UD
2019年累計543.70 US$

21,437円

VTIからの配当が全体の40%弱に

昨年から今年前半に積み立てていたVTIからの配当が25ドルほどと、9月の配当全体の40%ほどを占めることになりました。

ドルベースでの評価額は+約340ドル、+約6%となっており、配当を受け取りながら、評価額も堅調に推移しているという嬉しい状況です。

VISAの評価額は買値の2倍に到達

配当こそまだまだ少ないVISAですが、評価額の面で私のポートフォリオに大きく貢献してくれています。

NISA口座分(10株) +約900ドル・+103% 
特定口座分(9株) +約30ドル・+2%

NISA口座で購入した10株は、気づけば買値の2倍になってくれました。

ただ、売却するつもりはありません。

いつか私がこの世を去るときに、妻と2人の子どもたちに程よく振り分け、その後もずーっと長く保有してもらうつもりでいます。(遺言書に「絶対売るなよ。売るんだったら相続しねぇぞ」って書いとこうかなw)

HPやMMMは、評価額がズルズル下がっていくぞ(笑)

NISA口座において買値で300ドルほど、5株しか保有しているHP(ヘルメリッチ・アンド・ペイン)。

同じく380ドルほど、2株だけ保有しているMMM(スリーエム)。

配当をくれるのはありがたいのですが、ここ最近の株価下落がひどく、買値からの下落幅がHPは-40%近く、MMMは-15%超となっています(苦笑)

まぁゆうてもそれぞれ3~4万円ほどの投資なので精神衛生上よくない、ってほどでもないのですが、早いところ元気を取り戻して頂きたいものです。

NVDAは少しだけ復調?けど、まだまだ含み損です

雀の涙ほどの配当をくれたNVDA(エヌビディア)ですが、2,000ドルほどの投資に対し、-500ドル、-25%です。

これでも少しはダメージが減ったほうなんです(笑)

一時は買値から40%近く下げちゃいましたからね(T_T)

グロース株を買ってグロースしないならまだしも、ここまでの下落…自分のセンスの無さを恨む以外、怒りのやり場がありません(苦笑)

ズルズル下がっていく株価を見ながら「やっぱインデックスにすべきだったな」と思う一方で、先述のVISAのような経験をしちゃっていると、個別株の魅力から逃れられないんですよね。

2019年9月のまとめと、10月への意気込み

9月は11銘柄からの配当を受領しましたが、NISAで少量保有している銘柄が中心だったので、目標とする月間100ドルには残念ながら届きませんでした。

これで7~9月、クォーターまるまる外してしまいました。無念。。。

配当獲得の主力であるVYMは10月の入金になったので、10月の巻き返しに期待したいと思います。

今回もお読み頂き、ありがとうございました!

追伸:ぜひ激励のクリックをお願いすぃまーす!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました