スポンサーリンク

20年後まで開けないほうがいい?!つみたてNISAは玉手箱

投資

よく聞くけど、よく分からない投資に関するキーワードを噛み砕いて説明する”ちゃんと知りたいシリーズ”

前回のNISAに続いて、今回はつみたてNISAについて説明します!

多分NISAのことを知った上で、つみたてNISAと比較したほうが理解しやすいと思うので、前回のNISAの説明記事を未読の人は、ぜひこちらを先にご覧ください。

スポンサーリンク

つみたてNISAとは

金融庁のサイトでは、以下のように紹介されています。

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。購入できる金額は年間40万円まで、購入方法は累積投資契約に基づく買付けに限られており、非課税期間は20年間であるほか、購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。

年間40万円×最大20年(この制度が開始した2018年〜終了予定の2037年まで20年間 毎年欠かさず利用した場合)=最大800万円が非課税枠になる仕組みです。

※この記事執筆してるのは2019年なので、今年から積立NISA始める人の非課税枠は40万円×最大19年=最大720万円 となります。

つみたてNISAのメリット

前回のNISAの記事でも説明しましたが、投資による利益(売却益や配当金)には通常20%の税金がかかるので、非課税というのはとても嬉しいポイントです!

さらにNISAと違って、対象商品が金融庁お墨付きの投資信託(いろんな種類の株や国際などをパッケージした商品、と思ってもらえればO.K.)などに限定されているのもメリットと言えます。

長期で考えたときにリターンを得やすい商品の中から選んでね、という仕組みです。

逆にNISAの場合は、良くも悪くも個別の会社の株も対象なので、たとえば「へっへっへっ、この株は間違いなくあがる!」なんて勢いで買っちゃった株が、事故や事件でストップ安で大損、なんてこともありえます。

特に「投資が初めて」って人には、つみたてNISAはうってつけだと思います。

20年後を想像するだけで、ちょっとワクワクしませんか?

つみたてNISAのデメリット

強いてデメリットをあげるとすれば、メリットの裏返しになるんですが、限定されたラインナップの中からしか選べない、個別の株銘柄を選ぶことができない、という点です。

でも、プロでも難しい銘柄選びを、なれない個人がやって大損こくよりかは、ゆっくりだけどリターンを得やすいほうがいいですよね。

つみたてNISAは玉手箱?!

なぜつみたてNISAが玉手箱なのか?

それは、箱を開けたくなる=積み立てている間、特に株価が下落し含み損が出ると、積み立てを止めたくなったり、それまで積み立てたものを解約したくなるからです。

実際、私の勧めで2018年からつみたてNISAを始めた妻も、5000円ほどの含み損で、私にブーブー文句を行ってきました(苦笑)

箱を開けたい気持ち=積み立てをやめたい気持ち、利益確定したい気持ちをぐっとこらえて、淡々と積み立てていくことが肝要ですね。

NISAとつみたてNISA、どっちを選べばいいの?

Photo by Amber Wolfe on Unsplash

大事なポイントなんですが、NISAか つみたてNISAか、どちらかしか選べません。

たとえば2019年にNISA口座で何かしらの商品を買うと、その年はつみたてNISAを選ぶことはできません。

NISAは2023年に終了する仕組みなので、これから始めるって人は、つみたてNISA一択でいいと思います。

パパパはNISAしかなかった時代からやってるので、いまのところNISAを使っていますが、来年あたりからはつみたてNISAに切り替える予定です。

夫婦でつみたてNISA

1人に与えられる非課税枠は40万円/年です。が、夫婦で貯めれば、倍の80万円となります。

パパパの奥さんは、ガチガチの現金主義者です。数週間に渡る説得の末、つみたてNISAを始めさせることに成功しました。

夫婦どちらも投資に積極的というケースは稀だと思います。ただ、老後のお金のことを考えると、せっかく国が用意した仕組みを、夫婦のいずれかしか使っていないのは、かなりもったいないです。

多分私のブログを見に来て頂いているということは、投資に興味がある方だと思いますので、どうやって興味のない旦那様or奥様を説得するかは、また別の記事としてまとめたいと思います。

今回もご覧いただき、ありがとうございました!

私がメインで利用しているのは、米国株のラインナップが随一のマネックス証券です。
楽天ポイントでも投資ができるのは、楽天ユーザーにとって嬉しい仕組みですね。私の妻がメイン口座として使っています。
2人の子どもたちの教育資金用には、SBI証券で子ども口座を作って毎月コツコツ積立を行っています。
SBI証券[旧イー・トレード証券]
追伸:励みになりますので、ぜひ激励のクリックを頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました