VYMとグロース株を比較した結果、投資方針がブレ始めた件

スポンサーリンク
投資

ここ数日、米中貿易戦争に和らぎの気配が見られ、米国市場も堅調に推移していますね。

さて、基本的には高配当ETFであるVYMを中心にポートフォリオを組んでいる私ですが、やっぱり個別株(主にグロース株)の魅力にも惹かれて、ちょこちょこ買い付けています。

グロース=成長 ですので、多くの場合が低配当、或いは無配当です。

その分 ビジネス自体への投資をすることで、企業価値を向上させ株価を上げることを期待されています。

さて今回は、そんな中グロース株について、いま私が直面している悩みについて吐露します。

スポンサーリンク

グロース株の保有状況と成績

現在私のポートフォリオでは、以下のようなグロース株を保有しています。

その多くを最低手数料が撤廃される前に買い付けており、手数料負けが嫌だったので、各銘柄概ね1500〜2000ドルごとの買い付けでした。

※マネックス証券ではNISA口座での米国株買い付け手数料をキャッシュバックしてくれます。そのため以下の中ではVISAだけ例外的にNISA口座:900ドル分+特定口座:1500ドル分と、2つの口座での保有です。その他の銘柄は全て特定口座での保有です。

  • Amazon(無配当)
  • Google(無配当)
  • VISA(利回り:0.67%)
  • MASTER CARD(利回り:0.48%)
  • NVIDIA(利回り:0.31%)

利回りは、この記事を書いている2019年11月時点でのデータです。

成績としては、NVIDIAだけが-16%(300ドル超の含み損)ですが、その他はすべて含み益が出ています。

特にトランプ大統領の就任直後にNISA口座で買い付けたVISAは、その後のトランプ相場の恩恵に預かる事ができ、+105%(+900ドル超の含み益)になっています。

グロース株に求められる成長レベルがとても高い

グロース株には高い成長性が求められます。

グロース株の決算は減点方式だよなと、個人的には感じています。

売上は伸びてるのが当然で、市場予想を上回らなければ減点…故に、増収でも決算後に大きく株価が下がることが往々にしてあります。

スポーツ選手でいえば、大会に出るたびに自己ベスト更新を求められるような状況です。

恋愛でいえば、デートのときは高級レストランが当たり前で、一度でもファミレスに連れてこうもんならボロクソ言われちゃう男性みたいなもんです…ちょっと違うか(笑)

このままグロース株を持ち続け、夢を見るべきか?

高い期待を毎回の決算で超えなければならないグロース株。

高配当株と違って配当による下支えがない分、決算が不調だといわゆる失望売りのダメージが大きいです。

幸い概ね好調な私のグロース株たちですが、裏を返せば、決算の度に株価下落のリスクに晒されているとも言えるのかなと。

しかし、そんなプレッシャーを受け続けながらも、グロース株が実績を出しているのもまた事実。

ということで、私がメインで積み立てているVYMを中心に、5年間の比較チャートを作ってみました。

比較その1:ETF間での比較をしてみた

多くのハイテク株が含まれるQQQ(インベスコQQQトラスト・シリーズ1)と、VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)、VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)での比較です。

いずれも右肩上がりではありますが、トータルリターンではQQQが2倍以上になっています。

一方、VTIは1.7倍弱、VYMは1.6倍弱ほどです(それでも十分なリターンですけどね)。

※ただ、このグラフは単純に配当を積み上げた結果であって、それを再投資に回した結果ではありません。実際には再投資をすれば複利の効果が出てくるので、特に高配当のVYMは上記グラフ以上のリターンを得ることができますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました