DENONのAVR-X1600Hが我が家にやってきた!映画・ゲームはもちろん、HEOSではかどる音楽ライフ!

スポンサーリンク
レビュー

どーも!ご覧頂きありがとうございます!

「はじめてこのブログに来たよー」って方は、せっかくなのでぜひTwitterもフォローして頂ければ幸いです。

さて今回は、2020年の4月に購入したDENONのAVアンプ、AVR-X1600Hのレビュー記事です。

結論をいうと、とってもいいお買い物でした!

AVアンプてどうなの?と購入を迷っている方や、他のアンプとの比較で迷っている方の参考になれば幸いです!

前半では、私のサラウンド遍歴を語っております。

そのため、「アンプって何?」「サラウンドって何?」って方は、前半から順番に読んでみてください。

逆に、「サラウンドやホームシアターについて、ある程度は知ってるよ」って方は、最初のほうはすっ飛ばして、3の「AVR-X1600Hを購入した理由」から読んで頂いても大丈夫です。

それでは早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

私がサラウンド音響に興味をもったきっかけ

私が初めて音響に興味をもったのは、今から15年以上前の大学生のとき。

当時私はシネコンでバイトをしており、映画自体は子供の頃から好きだったのですが、音響については全く知識がありませんでした。

そんな中、XboxでリリースされたKINGDUM UNDER FIREというゲームを買った際、パッケージに5.1chという表記を見つけ、これはなんぞ?と。。。

そこをきっかけに5.1chやドルビーについて調べていき、「映画のDVDやゲームでは5.1ch(スピーカー5つ+低音を担当するサブウーハー)で音声が収録されているものがあり、それに対応した環境を準備すると、サラウンド音響が自宅でも実現できて、抜群の臨場感で映画やゲームを楽しめる」ということを知ることに。

ここから、私とホームシアターの長い付き合いが始まります。

私のホームシアター遍歴

最初に買ったのは中国製のパチもんホームシアター

当時は大学生でお金が無かったので、まずはヤフオクで中国製の謎メーカーのホームシアターセットを購入。

たしか5,000円くらいでした。

早速Xboxに接続し、バック・トゥ・ザ・フューチャーのDVDを再生。

デロリアンが初めてタイムスリップを行うシーンで、「これは間違いなくサラウンドを体験できるはず!」と意気込んでいたのに、どうも様子がおかしい。

なんと、すべてのスピーカーから同じ音が出ているだけで、まったくサラウンドになっていないじゃないか!?

なんじゃこりゃー!!!!

安物買いの銭失いという言葉が、こんなにぴったりなシチュエーションはないぞ!

と自らの買い物センスのなさを嘆きつつ、早々にパチもんホームシアターをブックオフで売払い、ヤマハのホームシアターセット(今度は本物www)の購入に至ります。

2代目はヤマハ TSS-15

パチもんの次に買ったのは、ちゃんとしたホームシアター、ヤマハのTSS-15でした。

今度はちゃんと、すべてのスピーカーから独立した音が出てくれまして、サラウンド音響の素晴らしさを実感!

ゲームも映画も、サラウンド音響を導入するだけでこんなに臨場感・没入感が変わるのかと、衝撃を受けました。

ヤマハ | TSS-15 - ホームシアターシステム - 概要
驚きの臨場感をデスクトップサイズに。いちばん手軽なヤマハの5.1chシアター

たとえばシューティングゲームをやれば、後方からは仲間たちの発砲音、そして前方からは敵の爆撃機の音が…

テレビのスピーカーとは別次元の没入感・緊張感が体験できます!

3代目は、ONKYO TX-SA606X

映像がハイビジョンからフルハイビジョン、メディアがDVDからブルーレイと移り変わり、それと同時に音声フォーマットもロスレスと言われる、非圧縮音声に移行していきます。

ドルビーTrueHDと、DTS-HD MasterAudioがそれです。

ロス(=損失)がレス(=ない)、つまり音声データの欠損がなく、もとの音源をそのまま再現できるんですね。

詳しくは、こちらのリンクを参照ください。

ドルビーTrueHDロスレスオーディオ
ドルビーTrueHD(ドルビーTrueHD)のロスレスオーディオでは、映画、音楽、およびTV番組用の最高のサウンドをお届けします。

これを実現したくて購入したのが、ONKYOのTX-SA606Xでした。

オンキヨー「TX-SA606X」で観る「セリーヌ・ディオン/A New Day ライヴ・イン・ラスベガス」の面白さ (1/2)
10万円以下のAVアンプで競争激化が予想されるなか、オンキヨー「TX-SA605」の後継機種にあたる「TX-SA606X」が登場した。前回取りあげたヤマハ「DSP-AX763/AX863」に続き、じっくりと試聴してみよう。

2008年の商品なので、いまから12年ほど前の話になりますね。

アンプはあくまで司令塔の役割を果たす機械なので、別途 スピーカーが必用になってきます。

スピーカーは、司令塔となるアンプを入れ替えても使えるものなので、初期投資としてはそこそこな費用がかかりますが、長く使えることを思うと、決して高い買い物ではないかなと。

私の場合は、センターと、フロントスピーカー(LEFT・RIGHT)・サブウーファーはONKYOで揃えたものの、リアスピーカーを買うお金がなく(苦笑)、2代目のTSS-15のスピーカーを使ってました。

AVR-X1600Hを購入した理由

2019年にXbox One Xを購入し、4Kでゲームを遊べる環境が整いました。

Xbox One Xについては、素晴らしいゲーム機なので、後日改めて記事にしたいと思います。

一方で、3代目のONKYO SA606-Xはフルハイビジョンまでしか対応していないため、映像はHDMIケーブルで直接テレビへ、音声はアンプへ、と少し面倒な状況に。

さらに、ONKYO SA606-Xは、最新の音声規格であるドルビーアトモスにも対応してない。。。

Xbox One Xは、Blu-rayディスクのドルビーアトモスの再生に対応しているというのに。。。

そんな中、コロナウイルスの影響で家にいる時間が長くなり、

「家の中の趣味ならお金をかけていいだろう👿」と、私の中の悪魔がささやき始めます。

そして、

・価格が手頃である
・新しいモデルである
・ドルビーアトモスに対応している

これらの条件を満たす機種として購入したのが、DENONのAVR-1600Hでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました