【Go To トラベル総ざらい】オススメの宿泊予約サイト5選+子連れ&添い寝の場合の予約方法も

お出かけ

どーも!ご覧頂きありがとうございます!

あなたのお悩みをサクッと解決する、シリタ・カッター。

「はじめてこのサイトに来た」って方は、せっかくなのでぜひTwitterもフォローして頂ければ幸いです。

みなさん、Go To トラベルキャンペーンは使っていますか?

今回の記事ではまず、Go To トラベルキャンペーンの概要をご紹介します。

次に、我が家の実際のケースをサンプルに、子連れ旅行の少し特殊なケース(二人の子供のうち、一人は添い寝だけど新幹線の席は予約したい)の場合の対応方法を解説します。

そして最後に、筆者オススメの宿泊予約サイト5選をご紹介。

キャンペーンの内容を理解して、お得に旅を楽しんで、景気回復に貢献しちゃいましょう!

Go To トラベルとは?

まずは改めて、Go To トラベルキャンペーンのご説明です。

「Go Toトラベル」 その仕組みを改めて確認
NHK 公式サイトより

1人につき、泊まりなら最大2万円分の割引とクーポン(最大35%・14,000円分の割引+15%・6,000円分のクーポン券)が適用されます。

もっとも割引額が大きくなるのは、1泊が40,000円のとき。

40,000円のホテル・お宿に宿泊した場合、上限いっぱいの14,000円分の割引と、6,000円分の地域共通クーポンをもらうことができます。

地域共通クーポンとは?

割引は分かりやすいので、説明は省きます。

ちょっと分かりにくいのが地域共通クーポン。

ポスターイメージ
Go To トラベル公式サイトより

このポスターが掲示されているお店で利用が可能です。

地域共通クーポンには紙クーポン・電子クーポンの2種類がある

予約する旅行代理店やウェブサイトによって、地域共通クーポンの受け取り方法が紙クーポンになる場合と、電子クーポン(QRコード)となる場合があります。

お店によって、両方とも使える・紙クーポンだけ・電子クーポンだけと、利用できるクーポンの種類が異なるので、ご注意ください。

地域共通クーポンが利用可能なお店は?

地域共通クーポンが使えるお店は、こちらから検索が可能です。

多分突貫工事で作ったと思われ、お世辞にも使いやすいとは言えません(笑)

店名での検索には対応していないのが痛すぎる(;´Д`)

このページから使えるお店を探すのは、結構骨が折れる作業。

そこでオススメの利用方法とは、予め自分が使いたいお店を決めて、そのお店を地図上で探す方法です。

地図上でわざわざどこで使えるかをゼロから探すよりかは、だいぶ時間を短縮できます。

地域共通クーポンの利用可能期間は?

宿泊旅行の場合は、宿泊日とその翌日。

日帰り旅行の場合は、旅行当日が利用可能期間となります。

利用可能な期間がかなり結構短いので、旅行中に「さぁ、どこで使えるのかな?」と探し始めるのは少し危険です。

旅行の日程が決まったら、予め利用するお店を探しておきましょう。

地域共通クーポンが利用できる地域・エリアは?

宿泊地(日帰り旅行の場合は主たる目的地)の属する都道府県及び当該都道府県に隣接する都道府県。

Go To トラベル 公式サイトより

噛み砕くと、旅のメインの目的地と、その周辺の都道府県ということになります。

「余っちゃったから、自宅の周りのコンビニや飲食店で使おう」ということはできません。ご注意ください。

添い寝のこどもはGo To トラベルのキャンペーン対象になるの?

実はここが、ちょっと分かりにくいけど大事なポイント。

子供料金が発生しない場合「0円の場合」も1名とカウントします。

Go To トラベル事業 Q&A 集より

添い寝のお子様であっても、Go To トラベルのキャンペーンの対象となります。

実際のケースでGo To トラベルの金額計算をご紹介

我が家では11月に、私と妻と子ども2人(6歳の長男・3歳の次男)の4名で旅行へいきます。

関東から近畿への旅行で、移動は新幹線。

膝上でいけるほど小さくはないため、新幹線は子どもたちの席を確保。

ただしホテルは3名分(私・妻・長男)で、次男は添い寝。

Go To トラベルのキャンペーン上限金額の計算は、人数ベースで行われる。
添い寝の次男も対象となる。

そのためキャンペーンの上限金額は、20,000円x4人=8万円

一方で今回のケースの場合、次男にかかる料金は往復交通費だけ。
次男の往復交通費は、Go To トラベルの適用対象外。

Go To トラベルの適用金額は、私・妻・長男の3人の旅行代金に対して計算される。

たとえば大人が1人あたり4万円(移動+宿泊)、長男が半額の2万円(移動+宿泊)、次男が1万円(新幹線料金だけ)だったとします。

Go To トラベルがなければ、必要となる旅行費用は11万円です。

計算式:4万円x2名+2万円x1名+1万円x1名=11万円

次にGo To トラベルの上限金額は、2万円x4人=8万円です。

ただしキャンペーンの適用金額を計算する際は、次男(新幹線だけ)の金額は計算から除外されます。

そのため実際の適用金額は、こちらになります。

長男の1万円を除いた10万円x50%=5万円(3.5万円の割引+1.5万円の地域共通クーポン)です。

キャンペーンがなければ11万円かかったはずの旅行が、Go To トラベルキャンペーンをつかうと、以下のように安くできます。

旅行費用:11万円→7.5万円(3.5万円の割引)
※さらに1.5万円分の地域共通クーポンがもらえる

Go To トラベルを使った予約、複雑なケースは旅行代理店へ。

今回の我が家のように「未就学児がいるけど、新幹線の席は確保したい」といった特殊なケースでは、旅行代理店(JTBやHIS)に相談したほうが便利です。

というのも、我が家のような特殊なケースにはウェブサイト予約では対応できません

ただし旅行代理店のカウンターはかなり混んでいるので、旅行の予定がある方は早めに来店予約することをおすすめします。

逆にお子様がいても小学生以上の場合や、ご夫婦・グループ・カップルでのシンプルな予約であれば、ウェブサイトからの予約が便利です。

ではここからは、オススメの予約サイトをご紹介していきます。

Go To トラベル オススメの宿泊予約サイト5選

Pontaポイントを貯めている方にオススメなのは”じゃらん”

Pontaポイントを貯めている方には、じゃらんの利用がおすすめです。

なおホテル・宿だけをご利用の場合は”じゃらん”をご利用ください。

飛行機・新幹線をまとめて予約する場合は”じゃらんパック”を選んでください。

予約をする前に、それぞれのサイト内で「Go To トラベル用のクーポン」を取得してください。

あとは通常通り予約をすればO.K.です。

楽天ユーザーは 楽天トラベル がオススメ!

楽天トラベルで予約をすると、楽天スーパーポイントがもらえます。

さらに、楽天SPU(楽天スーパーポイントアップ)といって、楽天市場でのお買い物でもらえるポイントの還元率が+1%追加されます。

普段から楽天を利用されている場合は、楽天トラベルのご利用がオススメです。

楽天トラベルの場合も、予約の前にGo To トラベルを利用するためのクーポンを獲得するのをお忘れなく。

Tポイント・PayPayユーザーはYahoo!トラベルがお得!

Yahoo!トラベルでは通常のGo To トラベルキャンペーンに加えて、決済方法を工夫したり、Yahoo!プレミアムに加入していたりすると、最大で+19%の還元を受けることができます。

普段からTポイントを貯めていたり、PayPayを利用されているなら、Yahoo!トラベルがオススメです。

こちらもじゃらんや楽天トラベルと同じく、事前にクーポンを獲得してから、予約へ進んでください。

高級ホテル・高級なお宿の予約なら一休

一休の特徴は、扱っている宿泊施設を高級な施設に限定していること。

Go To トラベルを使って「せっかくだから、高級なお宿に泊まってみようかな」という場合には、一休をチェックしてみることをオススメします。

一休の場合はログインした状態で予約をすれば、自動で割引が適用されます。

厳選された施設だけを取り扱うRelux

Reluxは独自の審査基準で宿泊施設を審査し、一定以上の基準を満たした宿泊施設しか取り扱いません。

そのため、扱っている施設はどれも満足度の高いホテルや旅館ばかりです。

「Go To トラベルを使って、とびっきりの贅沢とリラックスをしたい」という方は、ぜひReluxをチェックしてみてください。

必ずあなたの心を満たす施設が見つかるはずです。

Go To トラベルで楽しくお得に思い出づくり!

今回はGo To トラベルの総ざらいとして、キャンペーンの仕組みのご紹介、少し特殊なケースでの子連れの場合の対応方法、そしてオススメの予約サイトをご紹介しました。

思い立ったが吉日!ということで、早めに計画を立てて、予約をしてみてはいかがでしょうか?

しっかり感染対策をしながら楽しく旅行をして、日本経済を回していきましょう!

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました