マツモトキヨシでのお買い物。店頭だけではなく、オンラインストアや取り置きも試して見る価値あり!

スポンサーリンク
お金

どーも!ご覧頂きありがとうございます!

「はじめてこのブログに来たよー」って方は、せっかくなのでぜひTwitterもフォローして頂ければ幸いです。

風邪が流行り、花粉の気配も感じ始める今日この頃。

ドラッグストアで風邪薬や鼻炎薬を購入する方も多いのではないでしょうか。

今日は有名ドラッグストアの代表格であるマツモトキヨシの嬉しいサービス「オンラインストア」と「お取り置き」について、解説します。

今回のメインナビゲーターは、節約大好き プッテちゃんに務めてもらいましょう。

プッテちゃん
プッテちゃん

化粧品やお薬、できるだけコストとしては抑えたいところよね。

スポンサーリンク

マツモトキヨシでのお買い物の方法は全部で4つ

色んなところで見かけるマツモトキヨシ、通称マツキヨですが、細かく分けると4つの購入方法があります。

  1. 店頭で購入
  2. オンラインストアで購入し、自宅など指定の場所に配達
  3. オンラインストアで購入し、お店で受取
  4. お店で一旦取り置きし、お店で購入

それでは、少し細かく見ていきましょう。

店頭で購入

これは一番スタンダードな買い方ですね。説明不要なので、とばします。

オンラインストアで購入(=決済)し、自宅など指定の場所に配達

マツモトキヨシ 公式サイトより

次がいわゆるネットショッピングです。

ただ、お薬のネットショッピングはちょっと事情が複雑で、あくまで「現実に存在する店舗がネットでの販売にも対応している」、というかたちを取らなければなりません。

ウェブだけにしか存在しないお店、というのは許されないんですね。

トリー
トリー

法律でそういうふうに決まってるんだよね。

マツモトキヨシの場合も例にもれず、オンラインストアは 吉川旭店・堺南島店という扱いになっています。

自宅に届くのは便利なのですが、1,980円未満のお買い物だと、送料が発生します。。。

  • 本州→550円
  • 北海道→770円
  • 沖縄→1,100円

2,000円弱のお買い物に対して、本州でも25%ほどの送料がかかる、沖縄なら50%ほどの送料、これはちょっと辛いですね。

ただ、税込み1,980円以上のお買い物で送料が無料になるのであれば、店頭ではちょっと買いづらいような商品や、オムツやお水のような、かさばったり重かったりする商品は自宅配送が便利ですね。

プッテちゃん
プッテちゃん

化粧品や赤ちゃんのオムツとか買ってれば、1,980円って別に高い金額でもないものね。

何より自宅に届けれくれるって、時短のメリットが半端ないわ。

オンラインストアで購入(=決済)し、お店で受取

マツモトキヨシ 公式サイトより

送料の問題でいえば、お店で受け取ることで解決できます。

お店受け取りにすれば、1点から送料無料です。

ティラノくん
ティラノくん

1点からでも店頭受取なら送料無料って、これはありがてぇな。

ただ、もし急ぎで必要なものを買うときに、オンラインでの購入でネックになるのが自宅やお店に届くまでの時間です。

それを解決してくれるのが、次にご紹介する”取り置き”です。

お店で一旦取り置きし、お店で購入

マツモトキヨシ 公式サイトより

お店に在庫がある商品であれば、お取り置きができます。

詳しい取り置きの手順は、 マツキヨ公式のこちらを御覧ください。

受け取りが可能になるのは、注文から数時間後です。

たとえば会社の通勤時間にスマホから取り置きを依頼しておけば、退社前には準備が完了するので、あとはお店に受け取り&決済をするだけです。

決済自体はマツキヨのお店で行うことになります。

なので、マツキヨが対応しているキャッシュレス決済であれば利用できますし、マツキヨのクーポンも利用可能です。

ちなみに私の場合は、

・マツキヨアプリを提示してマツキヨのポイントをGET
・dカードを提示してdポイントをGET
・d払いにしてdポイントをGET
・d払いに設定したクレジットカードのポイントをGET

と、ポイントの4重取りを欠かさずやっています。

d払いについて詳しく知りたい方は、以下の記事も併せて御覧ください。

ネットショッピングと違って、あくまでお店に在庫があるものが対象になりますが、商品が到着するまでの時間を省略できるのは大きなメリットです。

さらに取り置きには、商品によってはもう一つの大きなメリットがあります。

店頭価格と取り置き価格には、まれに商品によって価格差が!

実は私も最近気がついたのですが、なんと同じ商品でも、店頭で直接買うのと、一旦取り置きしておいてから買うのとだと、稀に商品によっては価格差があるんです。

たとえば、我が家の子供たちが愛飲?しているアンパンマン印の咳止め薬。

こちら、なんと

お店では税込み1000円〜1200円以上もするのに、お取り置きにするだけで、税込み609円になるんです。

プッテちゃん
プッテちゃん

なんなのその価格差w

ちょっと何言ってるかわかんないわ!

※価格は本記事執筆時点のものです。変動する可能性があります。

続いて、大人向けの有名ブランドお薬はどうでしょうか?

花粉症向けのお薬の代表格、アレグラ。

こちらはどのお店においても、店頭価格と取り置き価格が同じでした。

基本的には店頭と取り置きとが同じ価格であることが多いです。

しかしながら商品によっては、アンパンマン印の咳止め薬のように、大きくお値段が変わることもあります。

お店に向かう前に、マツキヨオンラインストアから価格をチェックしてみることをオススメします。

ちなみに本題とは少しズレますが、花粉症にはマツキヨのプライベートブランドのお薬がオススメです。

アレグラやアレジオンといったメーカー商品にくらべて、かなり価格を抑えられます。

我が家は私も妻も、これで十分 花粉症を抑えることができてます。

まとめ:時間に余裕があるときは、取り置き価格をチェックしてみよう

店頭価格と取り置き価格で大きな価格差がつくことは稀ではありますが、時間に余裕があるときは、一度 マツモトキヨシ公式通販サイト をチェックしてみることをオススメします。

特に単価が高い商品を買うときには、ひょっとすると結構なお値段の差があるかもしれません。

宝探しのような感覚で、チェックしてみてください。

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

記事を更新していく励みになるため、ぜひ応援のクリックを頂ければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました